ファミリー

グラノーラを朝の定番に!|甘くて栄養満点のスーパー食品!

高価な生薬から身近な食材

女の人

更年期は、女性の場合だと閉経してから約5年前後で発症してしまいます。閉経してしまうと、女性ホルモンの分泌量が段々減少してしまいます。それによって、冷え性や発汗、倦怠感やイライラなどの多彩な症状を引き起こしてしまうのです。更年期は、年のせいだからしょうがないと考えてしまう人もいますが、ガマンしてしまうとストレスが溜まり放題になるので、すぐにでも、対策をした方がいいでしょう。産婦人科に相談するという選択肢もありますが、医師に頼りにくいという人の場合は、サプリを使用したほうが最適です。サプリを選べば、更年期特有の症状を抑える事が可能です。しかも、協力な作用がある薬というわけではなく、体にやさしい食材の成分や漢方を使用しているものばかりです。
更年期のサプリで比較的多く使用されているものとしては、高麗人参やマカ、そして大豆です。まず、高麗人参は、言わずと知れた滋養食材です。様々な栄養が含まれていますが、特に、人参サポニンやジンセノサイドなどの栄養素が更年期特有の症状を抑えてくれるのです。次にマカですが、外国の一部地域では、滋養強壮食材として親しまれてきました。男性の精力増進効果というイメージが付きまといますが、女性が利用しても、ホルモンバランスを保つ効果があるのです。そして、大豆は、日本人にとって一番身近で、高麗人参やマカより手軽に入手出来るものです。なので、手軽に手にはいりますが、大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンの形に似ていて、同じ働きをするのです。どのサプリにするかは、個人によって異なりますが、どれを選んでも更年期の症状は抑えられます。